今、友人の著作「出稼げば大富豪」シリーズを読み直しているのですが、その中に「人を儲けさせることを徹底的に考える」という話が出てきます。

これは、できているかどうかは別にして僕も同感です。そもそも、今会社で開発している製品「SOY CMS」なんて、それができないと存在自体価値がない製品です。

CMSの直接のユーザは制作会社さんであったりシステム開発会社さんだったりします。

どうやったら彼らが儲けられるか?

次に、彼らのお客さんを考えます。それはメーカーであったりサービス業であったりします。今の時代Webの活用が全く関係ない会社というのはほとんどないといっていいと思います。

そういった方をまず儲けさせられないといけない。

さらにその先もあります。Webサイトを見る方たちです。よい情報がよりわかりやすい形でWeb上に出てくるのは、多くの人の幸せにつながります(疑問を持つ人もいるでしょうけど、そこはおいておいて)。

そんな製品なので、それを作るうえで誰のためのものか?ということをちゃんと考えるということがすごく重要です。これは、その(相手のことを考える連鎖の)流れに乗らない機能は作らない、という指針にもなります。

SOY CMSのサイトのリニューアルを計画しており、デザインを公募することにしました。

http://compe.submit.ne.jp/request/show/59

この機会に、サイトのコンテンツもそのあたり、考えていることがわかるものに入れ替えようと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルは釣り気味ですが、畜産物を除く農作物、特に蔬菜類のブランド化が極めて困難なのは間違いなく事実です。

なぜかというと原因はシンプルで、下記の二つです。

・(消費者側の選定能力の問題も含めて)品質面で差別化しにくい

・安定した品質の商品を安定したルートで供給するのが難しい

一点目はもうそもそもの問題で、味で差をつけられない、つけられたとしてもそれが一般消費者には分かりにくいものだったらダメです。

二点目については、消費者の立場からすると「あのお店に行ったらおいしいアレが売っている」とならないと商品名なんて覚えない、ってことです。どんなに美味しくても、名指しで買ってもらうには買いたい人が買いたいときにその商品を手に入れられるルートがあることが大前提になります。品質が安定していなければダメなのはもちろん、ルートが無ければただ「今日買ったあれおいしかったね~あたりだったね!」で終わってしまいます。

ではどうやったら品質とルートを安定させられるのでしょう?流通の立場からだと、少しでも多くの産地のことを知って、その時点で一番良いものを仕入れることになります。それは不可能じゃない。だから八百屋さんのブランディングというのは成功事例がある。

生産の立場からは?

安定した品質のものを、安定した量生産すればよいでしょう。それが今の体制でできるでしょうか?よくある話が、地域でブランド化しよう!と農家さんが集まって取り組みを行うことです。でも、それだと管理は基本的に各農家さんにゆだねられるので品質は安定しません。もし安定させようとすると、安定のための努力の負担が誰かに集中します。そしておそらく、収益は各農家さんに均等配分されることでしょう。それでは長く続きません。

ビジネスとして当たり前のことが当たり前にできるようになれば、当たり前の成果は上げられます。まず何から手を付けるべきか、もうちょっと議論が健全に進む世の中になってほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在SOY CMSのサイトと会社サイトのリニューアルの準備をしています。

SOY CMSのサイトはそもそもリリース時に想定していなかった改修を加え続けてもはや・・・な状態になっています。長い間ちゃんとリニューアルしなければ!と思っていたのですが、いつか、いつかではきりがないのでこの秋のうちにはリニューアルすることに決めました。

また会社サイトも「問合せを受ける」という意味ではほぼ機能していない状態だったので、一緒にリニューアルすることにしました。どうせだったら実験してみようと思い立ち、お客さんには勧められないやり方で少しずつ手を入れています。

(システムとしての)設計をしっかり作りこまなくてもリリースできて、公開後も簡単に手を入れられるのはSOY CMSの大きな強みです。テンプレートにifとかforとか入っちゃうとこれだけ気軽にデザインや構造変更できません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1  Last