少し遅くなりましたがあけましておめでとうございます、ブログ投稿かなり長い時間空いてしまいましたが、活動していなかったのではなく激動すぎて何をかいていいやらまとめられないでおりました。

弊社では昨年9月に資金調達を行い、野菜の生産を本格的にスタートさせるための準備を進めています。

そして、創業直前から現在に至る経緯について現代ビジネス様に記事を掲載いただきました。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41702


これだけちゃんとまとめたのは初めての気がします。

ご一読いただけますと幸いです。


皆様本年もよろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前告知させていただいた写真を用いた「現場向け」情報共有・日報作成ツール「houren.so」を一般公開しました!当面はオープンベータ版という位置づけでさらなる改善を行っていきます。


活用情報の発信などはFacebookページ、Google+、Twitterを中心に行っていく予定ですのでこちらもチェックいただけると嬉しいです。

https://www.facebook.com/houren.so

https://plus.google.com/+hourenso/

https://twitter.com/houren_so


農業以外の「現場」でも活用してもらえるツールに育てていきますので、何卒よろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

一部の方にはお知らせしていた、写真を活用して現場の知恵を集積・共有するツールhouren.soですが、近々ベータ版として一般公開する予定です。

会社とセレクトファームとの間で6年間行ってきたやり取りの情報をもとに開発したツールです。

詳しい情報はTwitter、FBページで随時お知らせしていきますのでよろしくお願いいたします!

https://twitter.com/houren_so

https://www.facebook.com/houren.so

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご縁あって福井にあるドレスレンタルショップ、マリーマリエさんの新サービスを体験してきました。プロの本気見せていただきました。

関係各位からなにやってんすかって言われそうですがw

当日はも一緒で、逆転バージョンの撮影もしたのですが、ここでそれをアップするのもなあと思うので詳しくは以下をご覧ください。

http://ameblo.jp/henshin-p/entry-11845272646.html

こちらが撮影の様子。


3年半ほど前に結婚式を挙げたのですが、正直言ってその時のタキシード合わせより全然楽しかったです(だってタキシードだとスーツ着るのとそう大差ない感じで……)。服装変えたら気分も変わるものですが、それの究極形?感覚としては大きなイベントやライブのステージに立つ感じとちょっと近いかもしれません。


福井って関西からだと思いのほか近いので(たぶん名古屋からも)、興味がある方は是非お試しを。結婚式のムービーに性別逆転バージョンの画像使うとか色々利用の場面は考えられそうです。


結婚式では妻もお色直しはしなかったので(参加くださった方と一緒にいられる時間を長く取ろうと考えたので)、ちょうど良い機会になりました。マリーマリエの皆様ありがとうございました!


このサービスのFacebookページはこちらです


今度はコスプレか、V系のライブやってみたいです。もしよかったら誘ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう半月前になりますが、先日会社で

「牛脂注入肉と本物の霜降り肉を食べ比べる会」

を開催し、多くの方にお集まりいただきました。

こちらが本物の霜降り肉。多来多来さんより仕入れさせていただきました。

交雑牛サーロインに、黒毛和牛のモモとリブロース。


そしてこちらが昨年偽装で有名になった、牛脂注入肉。


包装を外すとこんな感じ。

切るところ

アップ。

牛脂注入肉


焼くところ

焼いたらこんな感じになります。


さて、どちらがどちらでしょう?


上が牛脂注入肉で、下がたぶん交雑牛A4サーロインかなと思うのですが、焼いてしまえば見た目だけで区別するのは難しいですね。

肝心の味の方はというと、牛脂注入肉なかなかおいしかったです。そうと知らずに(意識的に疑うことなしに)焼きあがったものを食べたら気が付くことは無いんじゃないかと思います。

でもやはり本物は格別です。口に入れたときの脂の溶け方、香りのよさは絶品でした。

とはいえ値段がかなり違うので、同じ100gあたり400円前後で比較するとまた違った感想になったかもしれません。


ちなみにワインはビアンコロッソさんで注文させていただきました。こちらのワインはコストパフォーマンス良くてはずれが無くておいしいです。


数日間会社が強烈に肉臭くなってしまっていたので、連休前にしかできないイベントでした。またやるなら暖かくなってから屋外でかな。

(写真はご参加の皆様からご提供いただきました、ありがとうございます)

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします!

昨年夏ごろから本格的に動き出した農業事業ですが、まもなく色々お知らせさせていただけそうです。

また今年はSOY CMS/Shopのコミュニティ活動にも力を入れていく予定です。数多くのCMS導入のサポート経験を通してたまったノウハウを、ユーザの皆様のお役に立てていただけるよう公開していけたらと思っています。


#イラストは「僕と彼女と著作権」より有栖川先生にご出演いただきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

また神戸ITフェスティバルのお話なのですが、このイベントでは自分のセッションとは別に45分間、(残念ながらスケジュールの問題で参加できなかった阿部さんを除く)当日のスピーカー全員での座談会がありました。それがなかなかうまくいって、すごく面白かったです。

CMSのイベントで最後に座談会、というのは何度も経験しているのですが、これが難しいのです。

結局皆自分が関わっているものが一番いいと思っている上、機能面の質問などがあれば(非常に良くあるのですが)回答はできるよ、できるよばかりになってしまう。そんなことが何度かありました。

その点(来場者の方のお話を聞けてないのであくまで登壇者視点の感想ですが)今回は非常にうまくいったのでは、と感じています。

ブレン中本さんがうまく取りまとめてくださったのはもちろん、事前に登壇者全員で上記はじめ色々問題意識を共有できていたので、

「なぜ自分はそのCMSに対して現在のアクションをとるようになったのか(CMSを使い出したのか・コミュニティに参加しだしたのか、もしくは開発を始めたのか)」

という点に集中できました。ほかの方のお話をお聞きしてもとても面白かったので、たぶん来場者の方もそう思ってくださっている、、、と信じます。

事前の打ち合わせの時点で、これは言うか迷ったのですが、「他のCMSは使ったことはないし、全く興味がないです」ということを正直にお伝えしたところ、賛同、理解いただけたのが僕としては大きかったです。

よくほかと比べてSOY CMSの良いところを教えてください、みたいな質問いただくのですが、他、全然知らないんですよ。もちろんセールス上ちょっとは調べたりしていますが、仕事で使うことはまずありえないですし。

なので、たぶんそういったことはユーザの方のほうが詳しいと思います。

僕がアピールできるのは「こういう問題を解決したくて作ったものです!」というだけです。でも、結局そこがCMS選定の上で一番大事なところだとも思うのですよね。僕が解決したいと思った問題と同じことで悩まれている方には、たぶん一番の解決方法になるでしょうから。

それはどんなCMSでも一緒でしょう、ということで、上記のテーマに沿ったお話にしよう、という形にまとまりました(僕の中の理解では)。

よくCMSの比較表で機能が並んでて、○×がついているようなものありますけど、ああいったもので選択するのってすごく残念な結果につながると思います。だって結局手間かけたら何でもできますもん(そうでもないパッケージもあるのかもしれませんが、、、)。

もちろん開発者の想定外の使い方をしたら大変便利だった、ということはあると思います(SOY CMSの場合、実際結構そういう話は聞きます)。でも基本的には、ポリシーとかビジョンとかで決めるのが一番確かだろうな、と思います。


今回皆さんのお話をお聞きして、自分自身どういう問題意識を持っていたのか?よりしっかりと言語化できたように感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週金曜日は神戸ITフェスティバルにて、CMSに関するセミナーに登壇させていただきました。


最近はワークフローの改善、特にラピッドプロトタイピングのお話を本当に良く聞くようになったなあと思います。


そのあたりのことについては以前から何度か書いていますが、僕らはというと自社サービスなどのデザインを作る場合、大体の枠組みと各パーツ(見出しとかリストとか良く使うHTML要素のパターン)だけデザインを作成してコンテンツを流し込みつつ修正していくという手法をかなり以前から採用しています。


セミナーでもお話させていただいたのですが、「開発の少しでも早い段階でユーザテストに入れる」ワークフローの実現というのが、SOY CMSのそもそものスタートです。ただ、その重要性の高まりと、実現するための環境の整い方にはここ2、3年だけでも隔世の感があります。

価値を生む工程と生まない工程


理由は言うまでもないですが、デバイスの多様化とレスポンシブデザイン、CSSフレームワークの普及です。


SOY CMSの場合は、管理画面についても、同様のワークフローで入れ替えができるようになっているので(単に入力項目を変えるだけではなく、画面遷移、一覧の表示方法、全部完全に新造することが可能です)、最近かかわったお仕事のうち要件が複雑なケースでは、最初の打合せの最中に管理のイメージがつかめるモックアップを作ってしまう、ということをやっています。


今までの経験からすると、ある程度規模のあるサイト(一般的なECサイトを含む)だとサイトの表現をどうするか?という問題より、運用・管理が現実的な手間で可能なのか?ということが非常に重要になってくると感じています。そこがクリアされていないとCMSを導入しても全く活用されない。


場合によってはここまで簡素化を考えないといけなかったりします。

SOY Listで常に新しい商品情報を


なので実際にその管理画面で運用が可能なのか?早い段階で確認を行うのが重要だと感じています。具体的には、その業務専用のSOY Appを作ってしまう、という方法で対応しています。

SOY Appでレンタル業務の拡張


多様なデバイスに対応する必要って、公開側だけではないと思います。たとえば上記のケースなどでは、管理画面をタブレットで、倉庫で作業しながら操作できるだけでどれだけ楽になるか。


来年はSOY CMSの開発コミュニティを広げていきたいと考えています。まずはこのSOY Appを作れる方を増やすところから入ろうかと思っています(運営側、制作側ともに大きなメリットを感じていただけると思うので)。


近々(出来たら年内!)京都で開発勉強会を開けたらと思っています。ご興味ある方はご連絡ください。こんな業務を楽にしたい!みたいなお題が集まれば、半日くらいで実際にそれを作って動かすところまでハンズオンで説明させてもらえたらと思います。うまく行きそうだったら全国に広げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸ITフェスティバル、13日に、有料セミナーに登壇させていただきます!

神戸ITフェスティバル2013:12月13・14日開催!

こういった場でCMSに関してお話させていただくのは久しぶりですが、ここしばらくどういう風な方針で、何を考えて開発を進めてきて、それが実際どういうケースでどういうユーザさんのお役にたてたか、ご説明できればと考えています。

展示やセミナーなどの情報は、今後サイトでどんどん公開されていくと思います。

皆様ぜひお越しください!


このエントリーをはてなブックマークに追加

この前の週末の土曜日、セレクトファーム見学会を開催しました。

最初は母校の土曜講座の一つの案だったのですが、講座自体は違う形で決まったので(山田淳さんと音成洋介さんと一緒にお話させてもらいました)せっかくだからと別の日に有志での開催とさせてもらいました。


当日はほかの学校の高校生、大学生、社会人の方にも参加していただき、セレクトファームで今までやってきたこと、どうしてそういう事に取組もうとしたのかその理由、技術的な特徴、といったことを中心に色々お話させていただきました。


参加してくださった方からは農業に対する見方が変わった、などの嬉しいご感想をいただけて、開催した甲斐があったなと感じています。


セレクトファーム農場主のブログ

農場日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Last