2008年07月28日

WebSig会議を終えて

一昨日はWebSig会議でした。
お声掛けいただいた蒲生様はじめモデレータの皆様、誠にありがとうございました。

20分の時間の中で十分にSOYCMSのことをお伝えできたか自信がありませんが、 懇親会等でも一度使ってくださるとのお話をいくつか頂戴し、光栄に思っております。

junnamaさんに後でご指摘いただいたのですが、ビジネスモデルとビジョンの説明が不十分だったと思いますので、ここで簡単ですが補足させていただきます(さすが、痛いところを突かれてあせりました笑)。

まずビジネスモデルですが、現在はカスタマイズとサポートをお引き受けしております。将来的には、制作会社様や広告代理店様へのOEM供給、また、(技術力はあるが手が足りない場合も含めて)開発力が不足しているが 企画力のある会社様への(CMSに限らない)各種サービスへの技術エンジン供給を事業化していく予定です。

制作会社様にとっては、サイト制作・管理の省力化によるコスト削減の他、他社との差別化を図るきっかけにもしていただけると考えています。 パートナー企業様も募集しておりますので、ご興味をお持ちいただけますならぜひお問合せ下さい。

ビジョンについては、「わかりやすいシステムの提案」と「設計・開発手法の提案」を挙げさせていただきましたが、よりシンプルなものとして「世界中の静的HTMLサイトをCMS化する」ということを考えています。SOY CMSだと導入のハードルが非常に低いので、それが可能になると思っています。


しかし昨夜遅く帰京して今朝は7時から仕事してるからしんどい。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトル:
お名前:
Email:
URL:
コメント:
お手数ですが、下記入力項目に「かもかも」と入力して下さい。
 

トラックバック

トラックバック記事記事

2008.08.01第19回WebSig会議「特集!Open Source CMS オープンソースのWebシステムを、どうビジネスシーンに活用するか」参加者の感想(WebSig24/7)

この記事のトラックバックURI: