また大学時代にかかわった研究で感じたアクセシビリティに関する話をひとつ。

 

皆さん車いすって乗ったことありますか?最近は社会学習の一環で車いすで町を回ってみる、など学校の授業でされてたりするみたいですが、ざっと検索して見つかるパンフレットを見たところ「では実際に車いすに乗っている人はどういう人なのか?」という点について詳しく振れられているものはあまり見つかりません。

 

身体に障害があって車いすで生活すると言っても、「下半身が不随」なのか、「(左右どちらかの)半身が不随」なのかで大きく変わってきます。特に半身不随の場合は、片足が不自由であればそちらの手も不自由なので、手動の車いすだと左右同じように車輪を回すことができません。特に、段差があると、それが本当にわずかな段差でも、片輪だけを回して乗り越えるのは極めて困難です。

 

一方目が見えない方にとってはそういった段差が無いというのは杖で触れた時の手掛かりもない、ということです。何人かの方にお話を聞いた限りだと、ある程度は段差が無いと生活しにくいそうです。

 

では両方の方にとって生活しやすい環境とはどのようなものなのでしょうか?たぶん答えを出すのは非常に難しいと思います。使いやすさの定義がいかに難しいか、考えさせられました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の大学生時代の研究内容は、交通渋滞の研究の一環として「運転する人はどうやって目的地までの道を選ぶか?」調べるというものでした。

 

大きなくくりで言うと、「選択行動分析」という認知心理学の一分野になります。道を選ぶのも買い物をするのも基本的には考えるプロセスは同じなので、マーケティングの世界でも研究されています。ただ僕の場合は所属は工学部だったので、文学部や教育学部での研究に比べると、アンケートひとつ取るのでも条件が本当に比較可能なものかの見当など相当にガチガチに進めていました。

 

そこで一番研究のベースにしていた考え方が、人が複数の選択肢の中から一つを選ぶ場合、その思考は二段階に分かれる、というものです。

この仮説はフィリップ・コトラー氏の本にもちょっとだけ違う形で出てくるのですが、当時僕が行った実験でも大体その通りになったので正しいのではないかと思っています。

 

それぞれの段階についてどういうものかというと、

 

段階①

選択可能な候補から、細かく比較検討する対象とする候補を選ぶ段階

 

段階②

比較検討対象となった候補をじっくり比べて、実際に選ぶものを決める段階

 

なのですが、面白いのは人間の頭では段階②で「じっくり考えて比較検討できる」のはせいぜい2~3個まで候補が絞られた後、ということです。段階①は「直感的に」といっていいような形で行われます。

 

もちろん高額な事業用の機材を購入するなど、詳細な見当が必要な状況であれば異なってくる部分はあると思いますが、日常生活で行われている選択行動は大体そんな感じのはずです。

 

なのでそもそもの商品開発のレベルでも、段階②になって初めて気づかれるようなところに力を入れても段階①の壁を越えられなかったら意味がない、ということになります。

 

 

AIDMAとかAISASとかありますが、個々のプロセスをケース毎に検証するのは難しいですし、またその商品の(開発自体も含めた)マーケティングの中である人がかかわれる部分は限定的でしょうから、まずはざっくり上記の枠組みを頭に置いておくのがよいのではないかな~と思っています。自分自身が活用できているかどうかは別にして・・・

 

 

このネタはまたちょくちょく、詳しく書いていけたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月09日

BizRock vol.2 in KOBE!

ちょっと時間がたってしまいましたが、先週水曜はBizRock vol.2 in KOBEでした。京都で昨年開催された第一回に引き続き、今回も出演させていただきました。

 

そして、第二回も非常にカオスなイベントでした。世界で一番カオスな音楽イベント?かもしれません。この謎さを大切にするため、あえて詳しい内容は書かないでおきますが、あれだけ観客の方にとっては初見の曲が多いのに盛り上がるイベントはほかに類を見ないのではないかと思います。行かなかった方、行けばよかったと後悔してください笑

 

僕はというと、今回は今売出し中のサービス「BananaAd」についてプレゼン?しました。

参加された皆様、そして何より主催者の皆様、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Web担当者フォーラムにおいてマンガ「僕と彼女と著作権」の連載がスタートしました!ニーソックスで金髪のツンデレ美少女(※弁護士)がインパクト六法を振り回しながら大活躍するお話です!

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/09/11/13298

 

なぜ僕がこれを宣伝するかというと・・・わかる人だけわかってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前このような記事を書きました。

CMS導入をやめた方がいい4つのパターン

Web制作は「誰のため」をまず考えないと始まらない

そのうえでCMSを利用してどういう順番でサイトの設計・構築を行っていけばいいかが問題になりますが、僕はSEOのプランニングが最初に来るのが一番いいと思っています。

 

 

・どんな人に見てもらいたいサイトなのか、イメージの共有が容易になる

 

どういうキーワードをターゲットにするかというのは、そっくりそのままどんな人にサイトを見てもらいたいか、というのと同じことです。そこがぶれると、こういうデザインがいい、こういうページ構成がいい、と関係者が自分の好みだけで考えることになるので、迷走しやすいです。

・充実させるべきコンテンツが明確になる

 

どういうキーワードでどういう人に来訪してもらいたいかが決まれば、どういうコンテンツを充実させるべきか明確になります。またそれらのコンテンツの質、量、更新頻度についても目標設定が可能になります。これは即、サイト内のどこをCMSの管理下に置くか?という議論を健全なものにします。導入しても更新しないくらいなら、ただのHTMLにしておいた方がリニューアルのコストが減ります。

・コスト感がわかりやすくなる

 

どれだけの来訪者にどういうコンテンツをお見せするのか、そのためにはどのようなコンテンツの充実が必要か、という計算ができるようになるので、役に立つのかどうかも分からない機能をベースに予算を立てるよりわかりやすくなります。

・公開後の更新目標を設定しやすい

 

上記のような目標設定ができていれば、サイト公開後の運用についてもプランを立てやすくなります。やる気も変わるでしょう。目的なしに更新していると、「夏季休業のお知らせ」のようなコンテンツばかりが並ぶことになります。結果うまく行かなくても、どうしてうまく行かなかったのか?という反省ができます。

 

もちろん明確なお客さんのイメージを持てるのならSEOだけじゃなくて他の方法でもいいのですが、経験上一番お話が分かりやすいのがそこだと感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月初旬まで販売していた無農薬カブトムシ、何匹か会社で育ててたのですが、ついに最初の一匹が成虫になって土から出てきました!

ひとまず会社にあったメイプルシロップを与えてあります。エサこれでいいか自信ないので明日ゼリー買ってこないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「UXのデザインというのはおこがましい」という記事を書いたのですが、このタイトルについてもうちょっと説明しておきます。

内容としては「まずはきっちり想定されるユーザが何を求めているか認識するのが大事だよね」というのが言いたかっただけなのですが、

 

・「UXのデザイン」というと「そこでユーザがどのような体験をするかデザインする」というちょっと上から目線的な感じを受け、違和感がある。

・あくまで主役はユーザで、その体験をお手伝いするのが場所を作る人の役割なんじゃないかと思う。

・特に制作よりサービス開発で、サービス自体の訴求ポイントの議論と別の問題として(本来であれば同一の問題のはずなのに)UXの話が出てくるケースに違和感がある。

 

というような背景があり、ちょっときつめのタイトルにしたくてああなりました。

もちろん実際に場所を作り上げていく過程でデザインは必要、重要なプロセスですが、気持ちの問題としてはデザインする、という感覚はちょっと違うかなーと。語感の問題で認識には個人差があるところだとは思いますが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

UXとUI、ユーザビリティの違い、みたいな話が最近一部で盛り上がっているけど、僕の考えはこんな感じ。

いつも言うのはこう。

音楽好きならライブに行くことがあると思うのだけど、ただいい音を集中して聴きたいだけなら、最高の条件でレコーディングされた音源を最高の環境で再生する方がいいかもしれない。

でも、ライブには替えられない魅力がある。わざわざ時間を決めて、高いお金を払って、遠くまで足を運んで参加する。

それがUX。

たとえば雑然と本が積み上げられた古書店にふらっと入ってすばらしい本を見つけられたときの満足感は、ほしい本をAmazonでさくっと検索して見つけるのとはまた違う。

ディスカウントストアで商品が豪華な棚にきれいに陳列されていたら、このお店は高いんだと思われて客足が減るかもしれない。

スマートフォンで快適なUIを実現したとしても、工事現場や農作業の現場でそれらが使われることは無い。そういう場面だと手が汚れているのが普通で、スマートフォンだと操作できないから。

結局、その人がそこに何を求めているのか、そこで何がしたいのかそれ自体を正しく認識し、表現することがUXなんだと思う。

場合によっては、使いにくいこともよいUXたり得る。

まずは認識することで、デザインすることじゃない。

もちろんほとんどの場合で使いやすさや有用性の追求は大事だと思うし力を入れていくつもりだけれど、そもそものところのお話が抜けている場合が多いような気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CMSベンダーをやっていると、色々なケースでのサポートを依頼されます。その中には、これはCMSは入れない方がいいだろう、って場合も少なくありません。

サポート依頼が導入構成の設計以前の段階にあったときには、できるだけそういうことにならないようなお手伝いをさせてもらうよう心掛けてはいるのですが、よく言っていることをチェックポイントとして公開しておくのも悪くないかと思い書いておきます。

CMSの導入を依頼する前に思い返してみて下記に全てマッチしているということが無ければ、大きな失敗は避けられるかと思います。

 

マーケティングのプランとCMSの導入プランとをリンクさせられていない

 

たとえばSEO上狙うキーワードを増やすためにページを量産しなければならず、CMSの導入が必須である、というプランが最初にあれば、何をCMSでしたいのか・しなければいけないのか明白です。ソーシャルメディアにリンクを張ってもらいやすいようなコンテンツの継続的追加でもいいです。どちらにしろCMSの導入ではなくコンテンツの制作が主役のお話です。そのうえで、そのコストをどこまで下げられるかが導入の可否を決めるポイントです。

これは細かなデザインについてもいえることで、そのデザインを採用することでどういうメリットがあるのかわからないのにデザインありきで複雑な(費用・手間のかかる)CMSの構成にしてしまうと、割高な買い物をしてしまった、ということになります。(デザイン優先で割高でもいい!ってケースももちろんあるでしょうけど、わかってやるのとわからずにやるのとでは全く意味が違います)

 

運用者の立場やスキルも考えた運用コストについて検討がない

 

セレクトファームの「今週の野菜セット」のページや、明石クリニックさんの診療予定表などは、サイトを見る方がなぜそのコンテンツを必要とするのか、状況を想定するのが容易です。野菜セットの一覧は、「今週はどんな野菜が入っているんですか?」という問い合わせが実際に多かったからサイトに設置しました。そして実際に問合せ数の削減と注文の増加につながりました。

つまり、マーケティング上のCMSの役割が明確なのであれば、あとは運用のコストがどれだけ下げられるかです。そして、そのコストは運用者の立場、スキルによって大きく変わります。セレクトファームの野菜一覧は農作業の空き時間だけで操作ができるように、おそらくPCで操作する範囲ではほとんど限界ちかくまで運用コストを下げています

 

代替案の検討がない

 

単に新着情報を更新する、その新着情報の詳細ページへの集客は期待できない(夏季休業のお知らせとかしか出さない)というのであれば、Twitterでアカウントを取ってウィジェットを張り付けておくだけで十分です。FBのプラグインで代替できる機能も多いでしょう。

 

リニューアルの想定がない

 

よくあるケースに、CMSを導入してしまっているがゆえに細かな修正にかかるコストが跳ね上がってしまう、というのがあります。WEBサイトできっちり成果を上げていきたければ、継続的な改善は必要不可欠です(最初にバシッと最良のものを決められれば良いのですが、実際は集客してみて初めて分かることがたくさんあります)。

活用できるかどうかも分からないのにCMSを入れてしまい、さらにその部分のリニューアルの可能性も減らしてしまうのでは踏んだり蹴ったりです。

CMSをそこに入れるかどうか検討する前に、1.そこに導入するコスト、2.導入した場合に将来デザインリニューアルをするコスト、3.導入していない場合に将来デザインリニューアルをするコスト、4.当初は導入せずに後からCMSを導入するコストそれぞれをちゃんと比較して考えるのがよいと思います。

 

CMSというのは文字通り、コンテンツを管理するシステムです。だから大事なのはコンテンツです。

・どんなコンテンツを

・どんな理由で

・誰に見せたいのか

・コンテンツは誰が、どのような状況で作成するのか

しっかりイメージを持てるのでしたら、そのCMS導入はいい結果につながると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SOY CMSに限らず、どんなCMSでも言えることだと思うのですが、CMSのテンプレートに加工されることを前提としたHTMLのコーディングを依頼する際にいつもお願いしていることを列挙しておきます。

CMSだけじゃなくて、システムの中に組み込まれるHTMLも一緒です。

 

画像やCSSのリンクはルート相対パス("/~")で書く

 

CMSに組み込むと(CMSにもよると思いますが大抵は)、どんなURLでそのテンプレートが呼び出されるか設定に依存するようになります。相対パスだとURLが変更になった時に書き換えないといけませんし、テスト環境などでうまく表示されない可能性が上がります。

 

繰り返しの処理を意識して書く

 

繰り返しの単位になるところにコメントを入れておく、繰り返す部分はできるだけシンプルで単調な(繰り返し毎に別々のclassが入ったりしない)コードにする、などすると組込みが楽になり、メンテナンス性も上がります。


CMS組込み対象の部分は「明らかにダミーとわかる」文章や画像を入れておく

 

CMS組込み対象の部分も本来のコンテンツを入れてきれいにコーディングしてしまうと、組込みのとき表示側を見て、どこまで作業が完了したか、動作を正しくしているかどうか確認するのが難しくなります。その点、明らかにこれはダミーだろう、とぱっと見てわかる文章や画像を入れておけば状況の把握が楽です。また文章の量がわからない場合は、長めのダミーを入れておきます。

 

三つ並べてみましたが、言いたいのは最後の点だけです。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Last