もう半月前になりますが、先日会社で

「牛脂注入肉と本物の霜降り肉を食べ比べる会」

を開催し、多くの方にお集まりいただきました。

こちらが本物の霜降り肉。多来多来さんより仕入れさせていただきました。

交雑牛サーロインに、黒毛和牛のモモとリブロース。


そしてこちらが昨年偽装で有名になった、牛脂注入肉。


包装を外すとこんな感じ。

切るところ

アップ。

牛脂注入肉


焼くところ

焼いたらこんな感じになります。


さて、どちらがどちらでしょう?


上が牛脂注入肉で、下がたぶん交雑牛A4サーロインかなと思うのですが、焼いてしまえば見た目だけで区別するのは難しいですね。

肝心の味の方はというと、牛脂注入肉なかなかおいしかったです。そうと知らずに(意識的に疑うことなしに)焼きあがったものを食べたら気が付くことは無いんじゃないかと思います。

でもやはり本物は格別です。口に入れたときの脂の溶け方、香りのよさは絶品でした。

とはいえ値段がかなり違うので、同じ100gあたり400円前後で比較するとまた違った感想になったかもしれません。


ちなみにワインはビアンコロッソさんで注文させていただきました。こちらのワインはコストパフォーマンス良くてはずれが無くておいしいです。


数日間会社が強烈に肉臭くなってしまっていたので、連休前にしかできないイベントでした。またやるなら暖かくなってから屋外でかな。

(写真はご参加の皆様からご提供いただきました、ありがとうございます)

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1  Last