また神戸ITフェスティバルのお話なのですが、このイベントでは自分のセッションとは別に45分間、(残念ながらスケジュールの問題で参加できなかった阿部さんを除く)当日のスピーカー全員での座談会がありました。それがなかなかうまくいって、すごく面白かったです。

CMSのイベントで最後に座談会、というのは何度も経験しているのですが、これが難しいのです。

結局皆自分が関わっているものが一番いいと思っている上、機能面の質問などがあれば(非常に良くあるのですが)回答はできるよ、できるよばかりになってしまう。そんなことが何度かありました。

その点(来場者の方のお話を聞けてないのであくまで登壇者視点の感想ですが)今回は非常にうまくいったのでは、と感じています。

ブレン中本さんがうまく取りまとめてくださったのはもちろん、事前に登壇者全員で上記はじめ色々問題意識を共有できていたので、

「なぜ自分はそのCMSに対して現在のアクションをとるようになったのか(CMSを使い出したのか・コミュニティに参加しだしたのか、もしくは開発を始めたのか)」

という点に集中できました。ほかの方のお話をお聞きしてもとても面白かったので、たぶん来場者の方もそう思ってくださっている、、、と信じます。

事前の打ち合わせの時点で、これは言うか迷ったのですが、「他のCMSは使ったことはないし、全く興味がないです」ということを正直にお伝えしたところ、賛同、理解いただけたのが僕としては大きかったです。

よくほかと比べてSOY CMSの良いところを教えてください、みたいな質問いただくのですが、他、全然知らないんですよ。もちろんセールス上ちょっとは調べたりしていますが、仕事で使うことはまずありえないですし。

なので、たぶんそういったことはユーザの方のほうが詳しいと思います。

僕がアピールできるのは「こういう問題を解決したくて作ったものです!」というだけです。でも、結局そこがCMS選定の上で一番大事なところだとも思うのですよね。僕が解決したいと思った問題と同じことで悩まれている方には、たぶん一番の解決方法になるでしょうから。

それはどんなCMSでも一緒でしょう、ということで、上記のテーマに沿ったお話にしよう、という形にまとまりました(僕の中の理解では)。

よくCMSの比較表で機能が並んでて、○×がついているようなものありますけど、ああいったもので選択するのってすごく残念な結果につながると思います。だって結局手間かけたら何でもできますもん(そうでもないパッケージもあるのかもしれませんが、、、)。

もちろん開発者の想定外の使い方をしたら大変便利だった、ということはあると思います(SOY CMSの場合、実際結構そういう話は聞きます)。でも基本的には、ポリシーとかビジョンとかで決めるのが一番確かだろうな、と思います。


今回皆さんのお話をお聞きして、自分自身どういう問題意識を持っていたのか?よりしっかりと言語化できたように感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1  Last