2013年05月14日

SEOは経営判断

SEOとは何か?ということについて一部で非常に話題になっていますが、どう転んでも間違いないのが「SEOは経営判断」だということです。

 

・ どういうお客様にどういうメッセージを届けたいか

・ どの程度の数のお客様に、どういう風に見てもらいたいのか

・ そもそもどういう方をお客様にしたいのか

 

こういう事をちゃんと考えていないと、どういうキーワードで検索結果に表示されてほしいのか、またはその検索で来た人に満足してもらうにはどういうコンテンツが必要なのか、考えることはできないです(できたとしても、その労力は報われません)。

 

以前こんな記事を書きましたが、これは制作者の方を向いていたらダメという一般論が言いたいのではなく(マーケティング上の配慮からそういう体裁にしていますが)、ただ、うちとしては制作会社さんを直接のお客さんとしては見るのをやめるという判断をしました、というだけのことです。最近セミナーでよくお話させてもらっている内容です。逆の経営判断をするなら、それはそれで全然ありです(というかそもそも経営者としてよその経営は口をはさむことではないです)。

 

・ 薄利多売で行くのか、売上は小さくていいから利益率向上を狙うのか

・ 安定か拡大か

・ 商圏はどうするのか

 

そういったことも、SEOを考える上では必須です。

 

実店舗で言えば、どういう立地にどういう営業時間で店を出すか?みたいなものです。その前に、自分が持っている商品が何かって話で、ただ人通りが多いところに出したらいいってものではないですよね。銀座の真ん中で堆肥をトン単位で量り売りしても売れるとは思えません(試してみたい気はしますが)。

 

 

そりゃ、そんなところの判断外注じゃできませんよ。内製化が進むのも当たり前。考えた計画が実行できるかどうか、そのコストとリスクはどれだけのものかといったアドバイスは専門家に聞くのがいいと思いますが、判断するのはどこまでいっても経営の問題です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日から開催のWeb&モバイル マーケティング EXPO、インプレスビジネスメディア様ブースで弊社顧問弁護士、暁の法律事務所代表が描いているマンガの冊子が配布されます!

お立ち寄りの方は是非見つけてみてください!ちょうど舞台がビッグサイト、モデルになったイベントもウェブモという回が掲載されています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1  Last