以前このような記事を書きました。

CMS導入をやめた方がいい4つのパターン

Web制作は「誰のため」をまず考えないと始まらない

そのうえでCMSを利用してどういう順番でサイトの設計・構築を行っていけばいいかが問題になりますが、僕はSEOのプランニングが最初に来るのが一番いいと思っています。

 

 

・どんな人に見てもらいたいサイトなのか、イメージの共有が容易になる

 

どういうキーワードをターゲットにするかというのは、そっくりそのままどんな人にサイトを見てもらいたいか、というのと同じことです。そこがぶれると、こういうデザインがいい、こういうページ構成がいい、と関係者が自分の好みだけで考えることになるので、迷走しやすいです。

・充実させるべきコンテンツが明確になる

 

どういうキーワードでどういう人に来訪してもらいたいかが決まれば、どういうコンテンツを充実させるべきか明確になります。またそれらのコンテンツの質、量、更新頻度についても目標設定が可能になります。これは即、サイト内のどこをCMSの管理下に置くか?という議論を健全なものにします。導入しても更新しないくらいなら、ただのHTMLにしておいた方がリニューアルのコストが減ります。

・コスト感がわかりやすくなる

 

どれだけの来訪者にどういうコンテンツをお見せするのか、そのためにはどのようなコンテンツの充実が必要か、という計算ができるようになるので、役に立つのかどうかも分からない機能をベースに予算を立てるよりわかりやすくなります。

・公開後の更新目標を設定しやすい

 

上記のような目標設定ができていれば、サイト公開後の運用についてもプランを立てやすくなります。やる気も変わるでしょう。目的なしに更新していると、「夏季休業のお知らせ」のようなコンテンツばかりが並ぶことになります。結果うまく行かなくても、どうしてうまく行かなかったのか?という反省ができます。

 

もちろん明確なお客さんのイメージを持てるのならSEOだけじゃなくて他の方法でもいいのですが、経験上一番お話が分かりやすいのがそこだと感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月初旬まで販売していた無農薬カブトムシ、何匹か会社で育ててたのですが、ついに最初の一匹が成虫になって土から出てきました!

ひとまず会社にあったメイプルシロップを与えてあります。エサこれでいいか自信ないので明日ゼリー買ってこないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1  Last