2010年09月30日

今週末結婚式挙げます

あまり結婚します!と言って回るのも色々周りの方にお気遣いを強いることになり申し訳ないので(特に遠方の方には)事後報告にさせていただこうかと思っていたのですが、ツイッターでも何件かお祝いのメッセージ頂戴していますので、ご報告させていただきます。

明後日、結婚式を挙げます。

嫁さんとつきあいだしたのは大学の1回生のとき。もう10年以上になります。二人とも20代のほぼすべてを一緒にすごしたことになります。

僕の就職活動と内定辞退、一社目、二社目の起業、失敗、今の会社の設立、それからの5年間。嫁さんの、司法試験受験とロースクール受験、進学、新司法試験受験、合格、司法修習を経て弁護士に。当時は二人ともただの学生だったのが、非常に厳しい時期をともに乗り越えてきて今があります。

まず僕なんかでいいって言ってくれている彼女に一番の感謝なのですが、二人ここまでやってこれたのも支えてくださった周りの皆様のおかげです。

本来でしたらお一人ずつにご報告とご挨拶を差し上げなければならないところなのですが、ひとまずこの場で御礼申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

電車に乗っていて、「同志社大学グローバル・コミュニケーション学部開設予定」という広告を目にしました。

ちゃんとした内容は見れていないのですが、これ大学の普通の学部課程なのでしょうか?

だとしたら。。。うーん。。。

語学ってのはあくまで道具であって、それ使って何を伝えたいかが大事だと思うんだけど。。。

大学って、その伝えたい何かを作ったり、作る手段を身につけたりするところだと思うんだけど。。。

手段だけ身に着けてどうするの?

個人的に見てきた範囲では、普通の理系の学生のほうが外国語学部で英語勉強してる学生より英語話せる気がする。理系だったら英語の論文を読まなきゃならないのは当然で、修士にもなれば国際学会で発表することも珍しくないから、勝手に、必要に迫られてそうなっていく。一方英語専門で勉強してる人はそこまで道具として英語を使う機会なんて無い。おのずと差は生まれ、広がる。

文化を勉強するのは大事だけど、それだって結局教養というレベルだから何か武器になる「中身」があって役に立つものでしょう。

大学で専門として外国語学ぶのはちゃんと言語学の研究者になりたい人たちだけでいいよ。

(蛇足だけど同志社のサイト見たら目標がTOEIC 750点以上ってあった。ちょっと低すぎ。そのレベルじゃ旅行には困らなくてもちゃんとしたコミュニケーションは取れないよ・・・)

このエントリーをはてなブックマークに追加

SOY CMS新バージョン開発に向けて、現在ベータテスト参加者募集中です!

実際にソースコードをお渡しできるのは今月半ばになると思います。

ぜひご参加、よろしくお願いいたします!

http://www.soycms.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなまとめブログの記事を見ました。

「社会人の飲み会ってなんで男女で費用が違うの?」

http://404nots.blog88.fc2.com/blog-entry-1192.html

 

そしてつい先日、男女雇用機会均等法から25年経ち、企業の97パーセントが女性活用に熱心なものの、管理職に占める女性の割合は最も多い課長級でも5パーセントというニュースが出ていました。

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082901000272.html

 

この問題、前も何回かブログに書きましたが表裏一体だと思うんですよね・・・

 

少なくとも、女性の先輩が自分より安い料金で飲み会に参加しているところを見た男性の後輩社員が、その女性社員のことを目上の人とみなさなくなる、男性の先輩と同等の存在とは感じなくなるのは間違いないです。そんな環境で(そのことを問題だと考えることのできない女性社員の感性の無さも含めて)女性社員を管理職に登用するのはきわめて難しいでしょう。

些細なことのようですが、結構深刻な問題だと思っています。

悪いことは言わないから、仕事で身を立てたい女の人はそういうときには男性料金置いてく方がいいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
First  1  Last